注目の記事

口唇ヘルペスになってしまったら早く治療を行うとよいです。
目立つ場所に症状が現れますので、他人にも分かってしまいます。
見た目の問題はもちろん、症状があるのに放置しておくというのはよくありません。
気になる症状が出てきたときには、早めに治療をしましょう。
口唇ヘルペスは市販薬でも治すことができます。
病院へ行くとなると忙しい方は大変ですし、タイミングによっては休診ということも考えられます。
なかなか病院に行けないと治療が遅くなってしまいますが、市販薬であれば、手軽に購入して早めに治療を始めることが可能です。
初期のほうが薬も効きやすく、治りやすいです。
いざという時のために市販薬の種類とその効果を知っておきましょう。

口唇ヘルペスってどんな病気?どんな症状が出るの?

口元を手で隠す女性

口唇ヘルペスはヘルペスの症状が口唇に現れる病気です。
ヘルペスには英語では疱疹という意味があり、ウイルスの感染により疱疹が這うように現れます。
口唇ヘルペスはヘルペスのなかでも起こりやすい症状のひとつです。
ウイルスに感染すると口の周りや唇にヘルペスの症状が現れます。
口の周りにチクチクしたり、ムズムズしたりといった違和感が現れ、やがて腫れて、水泡が現れます。
ウイルス性ですから、水泡が破れて内包物がほかのところについてしまうと感染がひろがってしまうという特徴があります。
また、初めて発症した際には症状が重くなり、リンパ節が腫れたり、高熱が出たりといった症状が現れることがあります。
再発しやすい病気で、過度に疲れたり、ストレスを溜めてしまったり、紫外線による刺激を受けたり、風邪をひいて免疫が下がってしまったときなどに再発することがあります。
症状は段階をおって酷くなっていきますので、早い段階で治療を始めるほうが賢明です。
初感染のときには症状が重く、再発のときには症状が軽くなると言われています。
初めて感染された方は唇など口の周りだけでなく、口の中や喉といった個所にも症状がでたり、口内炎やリンパ節の腫れ、高熱といったものが現れる恐れがあります。
酷くしないためには適切な治療を行うのが肝心です。

口唇ヘルペスの前駆期

口唇ヘルペスには前駆期があります。
この時期には水泡そのものが現れるわけではなく、口の周りがピリピリしたり、チクチクしたり、ムズムズしたり、など、皮膚の違和感を覚えるような症状が出てきます。
再発のときには症状が軽いため、前駆期の症状として痒みを感じたり、顔のほてりを感じる方もいらっしゃいます。
早めに治療を始めたほうがよいため、この前駆期の段階で気付けたなら、市販薬を購入して治療を始めるのがおすすめです。

口唇ヘルペスの初期段階

半日程度経過してしまうと、初期の段階に入ってきます。
ウイルスの活動が活発になり、患部患部が赤く腫れて痛くなるなど症状が悪化します。
このときウイルスの活動は、かなり活発になっています。
症状を軽く抑えたいのであれば、この段階で治療に入るほうがよいです。
治療を始めるのが遅くなればなるほど悪化する恐れがあります。

口唇ヘルペスの中期段階

2日から3日程度で中期に入ってきます。
この段階では水泡ができて、激しい痛みが伴うこともあります。
出来てしまった水泡が破れてしまうこともある段階です。
内包物が体に触れてしまうと広がってしまうため、極力、ほかの場所に内包物が触れないようにすることが肝心です。
マスクをしたり、出来るだけ潰さないなど、感染を広げない努力が必要になります。

口唇ヘルペスの後期段階

1週間から2週間程度で後期を迎えて回復していきます。
水泡が乾燥することで症状はいったん治まります。
患部を清潔に保つことで自然治癒させることも可能です。
しかし、肌にダメージを受けて跡が残ってしまうこともあるため良い方法とは言えません。
目立つ場所ですから薬を使って綺麗に治すほうが賢明です。

口唇ヘルペスを治す、おすすめの市販薬

口唇ヘルペスを治すには、アクチビア軟膏やアラセナS、ヘルペシアクリームなどがおすすめです。
効果のある市販薬ですから、使うタイミングを逃さなければ効果的な治療が期待できます。
第1類医薬品の市販薬ですから、口唇ヘルペスに高い効果が期待できます。

アクチビア軟膏

アクチビア軟膏は、抗ウイルス成分アシクロビルを配合した口唇ヘルペスの再発治療薬です。
有効成分である抗ウイルス成分アシクロビルがウイルスに直接作用して口唇ヘルペスを治すことができます。
抗ウイルス成分アシクロビルは口唇ヘルペスに効果がある成分として認められているので高い効果が期待できます。
また、アクチビア軟膏には、皮ふの保湿や保護の作用を持っているマクロゴールが添加物として配合されています。
単純にウイルスへの効果があるだけではなく、患部を保護してくれる働きも期待できます。
かさぶたができるなど肌に負担がかかっていますから、患部を保護したり、かさぶたにうるおいを与えたり、皮ふをなめらかにしてひび割れを防ぐといった効果も肌への負担を軽くして、回復をサポートしてくれる成分が配合されていると安心です。
使い方としては、症状を感じたら少しでも早く塗ることが大切です。
唇やそのまわりにピリピリ、チクチクといった違和感が出たときにすぐにアクチビア軟膏を塗りましょう。
症状が出始めたときにはウイルスが活発に増殖していますから、少しでも早く塗ったほうが効果についても期待できます。
アクチビア軟膏を使用する際には、まずは手を清潔にします。
それから軟膏を指の腹に押し出し、鏡を見ながら、患部の表面が覆いつくされる程度の量を患部に、均一に塗ります。
1日に3回から5回、塗りましょう。
塗る期間は10日間程度を目安としましょう。
かさぶたができて、患部が乾燥すれば使用を止めても問題ありません。
5日間程度使っても症状が改善しなかったり、酷くなってきた場合には使用を中止して医師又は薬剤師に相談しましょう。
初めて発症した方は重症化する恐れがあるため、病院を受診するようにしましょう。

ヘルペシアクリーム

ヘルペシアクリームは抗ウイルス薬アシクロビルを配合した第1類医薬品となっています。
ヘルペシアクリームに配合されている抗ウイルス薬アシクロビルがヘルペスウイルスの増殖を抑制してくれます。
ヘルペシアクリームを使用するタイミングとしては、唇やその周りに違和感を感じた時です。
症状が悪化してからよりも、その段階のほうが効果的です。
塗る回数は、1日に3回から5回、毎食後と就寝前を目安に塗りましょう。

アラセナS

アラセナSにはクリームタイプと軟膏タイプの種類があります。
アラセナSにはビダラビンが配合されています。
効果の高い成分が配合されていますので、1日1回塗るだけでも効果が期待できます。
1回から4回と、より少量で効果を発揮してくれます。
刺激が少なく患部を保護してくれる軟膏と、塗ったあとが目立ちにくいクリームタイプと特徴の違う種類が用意されていますので、都合のよい種類を選んで利用することが可能です。
アラセナSは、清潔にした手を使って1日に1回から4回程度、適量を患部の上に薄く乗せるようにして塗ります。
使用後もよく手を洗いましょう。
万一、目に入った場合にはすぐに水又はぬるま湯で洗います。

薬剤師がいる薬局で購入時に聞かれることは?

薬剤師

アクチビア軟膏やアラセナS、ヘルペシアクリームは、薬剤師のいる薬局や薬店、ドラッグストアで購入することができます。
第1類医薬品ですから、薬剤師がいる薬局で購入できます。
また、購入時に薬剤師から聞かれることがありますので、店頭で購入する際にも薬剤師の方にお願いすると良いです。
第1類医薬品購入時には薬剤師に質問されることがあります。
購入時に聞かれることとしては、医師から口唇ヘルペスの診断や治療を受けたことがあるかどうか、患部が広範囲かどうか、水疱が大きいかどうか、頭痛があるかどうか、疼痛が酷いかどうか、使用者は6歳未満の乳幼児かどうか、発熱や広範囲の発疹などの全身症状があるかどうか、患部が口唇や口唇周辺以外の部位かどうか、といったことです。
第1類医薬品では色々と聞かれますので、アレルギーについても質問されます。
ヘルペシアクリームであれば、アシクロビル又はバラシクロビル製剤にアレルギー症状を起こしたことがあるかどうかを聞かれますし、アラセナSであればアラセナSかアラセナSの成分であるビダラビンによるアレルギー症状を起こしたことがあるかどうかを聞かれます。
アクチビア軟膏であれば、アクチビア軟膏やバラシクロビル塩酸塩製剤でアレルギー症状を起こしたことがあるかどうかを聞かれます。
購入する薬によって配合されている成分には違いがあり、アレルギーの問題があるため、その辺について聞かれることが考えられます。
どのような種類のものに対してアレルギーの心配があるのかを自分で把握しておくとトラブルを避けることができます。
第1類医薬品を購入するのに薬剤師のいる薬局を利用しなければいけないのには理由があります。
医師の治療を受けている方や妊娠中の方、また妊娠している可能性のある方、授乳中の方、湿潤やただれの酷い方、アトピー性皮膚炎の方、薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある方などの場合には、そのことを薬剤師の方に伝えておくとよいです。
第1類医薬品の場合には、効果が強い分、合わないものを選んでしまったときのリスクも高くなります。
薬剤師に相談することで安心して使えるものを選んで利用することができます。
口唇ヘルペスの薬に配合されている薬剤にアレルギーなどがあっては大変です。
質問には正直に答えて、自分に合ったものを購入できるようにしましょう。
症状が酷くならないうちに薬剤師のいる薬局で相談するほうが効果的に薬を使用することができます。
購入した薬を効果的に利用するには、どのような症状が出たら使用を中止すべきなのかも確認しておくとよいです。
口唇ヘルペスの症状と、注意すべき症状の区別がつかないという場合も考えられるからです。
どのような症状なら警戒が必要なのか、確認しておきましょう。
せっかく薬剤師に相談するのですから、聞かれたことに答えるだけでなく、分からないことや不安に思うことがあったら聞いておくとよいです。

口唇ヘルペスは早めに市販薬で治療しよう

マスクの女性

口唇ヘルペスは早めに市販薬で治療してしまいましょう。
時間の経過と共にウイルスが増えてしまうため、半日程度の差で症状が悪化してしまいます。
また、口唇ヘルペスはうつるため、他人に感染させてしまう恐れもあります。
口唇ヘルペスのウイルスは、とても感染力が強いウイルスです。
キスなどでうつる場合もありますが、感染力が高いためグラスやタオルといったものを介して他人にうつしてしまう可能性もあります。
他人にうつす可能性がある上に、見た目で分かってしまうため、悪化させるよりも早めに治したほうがトラブルを小さくすることができます。
口唇ヘルペスのやっかいな点は、もうひとつあります。
それは性器ヘルペスを引き起こす場合もあるという点です。
基本的には口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルスI型によって起きます。
性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスII型です。
ウイルスが違うので口唇ヘルペスがそのまま性器ヘルペスを引き起こすことになるというわけではありません。
しかし、単純ヘルペスウイルスI型によって感染して性器ヘルペスになってしまうことがあります。
そうなってしまうと大きなトラブルになってしまいます。
性器ヘルペスではなく口唇ヘルペスだからと、油断しないで早めに治してしまうほうが賢明です。
口唇ヘルペスのウイルスは強いため体内に留まり、再発しやすいという特徴があります。
しかし、症状が出てない状態では神経細胞の奥のほうに隠れている状態になります。
症状が出ていない状態であれば、さほど心配する必要はありません。
症状は市販薬を早めに使うことで最小限に抑えることが可能です。
悪化させる前に治すということは、自分のためにも他人にうつさないためにも有効です。
最低限に症状を抑えるためには、口元がピリピリするなど、前駆期の段階で治してしまうのが一番です。
アクチビア軟膏やアラセナS、ヘルペシアクリームを塗るだけで治療できますから大変なことではありません。
半日程度でもウイルスは爆発的に増えてしまいます。
おかしいと感じたら、少しでも早めに治療を行いましょう。
症状を悪化させなければ治りも早いですし、他人にうつしてしまう心配も減らせます。
早めに治療をすることができれば、肌に跡などが残る心配も少なく、綺麗に治すことができます。
口元という目立つ場所に水泡が出来てしまえば見た目も気になりますし、そこまで症状が進んでしまえば痛みなども出てきます。
水泡が破れて内包物が他のところにつかないようにするなどの対策も大変です。
自然治癒する可能性もゼロではありませんが、口唇ヘルペスを薬なしで治すことはとてもリスクが高いです。
早期に市販薬で治療すれば、見た目の問題も避けられますし、痛みについても最小限に留めることができます。
症状を治めてしまうことができれば、他人にうつしてしまう心配もありません。
自分のためにも他人のためにも、口唇ヘルペスは早めに市販薬で治してしまうとよいです。