口唇ヘルペスの原因と再発しやすい時期

過労とストレスに悩む女性

口唇ヘルペスは単純ヘルペスウィルスと呼ばれるウィルス、HSV-1に感染することで発症します。
何度も再発をくり返すことが特徴の、感染すると神経細胞に隠れ潜む「潜伏感染」タイプのウィルスなのです。
単純ヘルペスウィルスは口腔内の三叉神経節などの部分に入り込み、過労やストレスなどで免疫力が衰えると神経細胞から出てきで、再発をくり返すのです。
単純ヘルペスウィルスは、人から人への接触感染が原因となって感染します。
健康な状態の皮膚であれば、厚い角質に保護されているため、ウィルスは侵入できず感染のリスクは低いのです。
しかし、小さな傷やささくれなどの皮膚へのダメージがある箇所や、皮膚の角質で保護されていない粘膜の部分などから、ウィルスの侵入を許してしまうのです。
単純ヘルペスウィルスは、非常に感染力が高いため、ウィルスがついたコップやタオルなどを共有して使用した場合にも感染してしまうケースがみられるのです。
幼小児期に単純ヘルペスウィルスに初めて感染しても、幼小児期は免疫力が高いため約90%は口唇ヘルペスは発症しないとされています。
初感染は免疫力の働きで単純ヘルペスウィルスに対する抗体ができるため、活動できないウィルスは神経細胞の中に潜伏し、活動休止状態になるのです。
ほとんどの大人は、幼小児期に単純ヘルペスウィルスに感染しているため本人の自覚がなくても抗体をもっているのですが、抗体を持たないまま大人になった方が、初めて感染すると重症化してしまうケースが多くみられるのです。
感染していても気がついていない場合が多い口唇ヘルペスは健康な状態であれば、ウィルスは休止状態なので、特に問題はないのです。
しかし、口唇ヘルペスの原因である神経細胞に潜伏している単純ヘルペスウィルスは、過労やストレス、風邪などによる免疫力の低下で休止状態から活動を再開するのです。
再発によって発症する確率は約10%で、10人に1人といわれています。

免疫力の低下、疲労の蓄積でヘルペスは再発する

口唇ヘルペスは、免疫力の低下によってウィルスが増殖することで再発します。
活動再開した単純ヘルペスウィルスは三叉神経の末端である、上あごや下あごの神経まで移動してきて、唇周辺の細胞に侵入し、口唇ヘルペスを発症します。
細胞に侵入した単純ヘルペスウィルスは、正常な細胞をウィルス感染細胞に変化させ増殖させていくのです。
免疫力が低下する主な原因は、風邪による発熱、重い精神的なストレスや蓄積する疲労による免疫力の低下、寝不足が続く状態や、仕事が多忙で休息が取れないことも原因のひとつとなるのです。
そして過度な紫外線を浴びることによる皮膚へのダメージも要因とされています。
また気温が低いことによる唇周りの乾燥も口唇ヘルペスの原因になるのです。
女性の場合はホルモンバランスの乱れによって体調を崩し、免疫力も低下すると口唇ヘルペスを再発するリスクが高くなるのです。
口唇ヘルペスはほとんどの場合は、徐々ににウィルスの量が減ることで自然に治癒していきます。
ウィルスは再び神経細胞に戻り、休止状態に入るのです。
しかし著しく免疫力が低下している場合やアトピー制皮膚炎の人、そして大人になってから初感染した人は重症化しやすいといわれます。
口唇ヘルペスは夏と冬の時期に発症するケースが多く、まさに紫外線が強い季節と空気が乾燥して風邪が流行する時期なのです。
単純ヘルペスウィルスは、体の免疫力が衰えると何度でも再発をくり返します。
口唇ヘルペスを発症するということは、病気や疲労の蓄積やストレスなど、何らかの理由で免疫力が衰えている体調不良のサインでもあるのです。
口唇ヘルペスは、1度感染すると一生付き合うことになる、しつこい疾患なのです。