口唇ヘルペスにはゾビラックスやバルトレックスで治す

口唇ヘルペスはどんな人でも発症する可能性があり、独特の痛みがあり神経から来るようなピリピリした痛みや、水ぶくれなどができるので敬遠したいものです。
一度なってしまうと疲労やストレスの蓄積によって、再発することもあり、治すのが非常に厄介な感染症と言われています。
再発する理由には、ウイルスをなかなか除去することができないことがあり、治療するために早い段階で飲み薬を使う必要があります。
抗ウイルス薬がヘルペスを治すことができる薬で、ゾビラックスやバルトレックスなどが該当します。
これらの飲み薬は、医療機関やインターネットのオンライン通販を利用して購入することが可能です。
軟膏などの塗り薬は薬局でも購入することができ、ゾビラックスの主成分でもあるアシクロビルが配合されている塗り薬は有効的でしょう。
しかし塗り薬を使用すると、飲食などによって落ちやすく効果が薄いことが予想されます。
ゾビラックスなどの錠剤や顆粒などを使って治す方が早いでしょう。
但し、肝臓障害があったり、腎臓などの機能が弱い人は医師と相談して、塗り薬を使う方が安心です。
個人差はありますが、何かしらの副作用が現れる可能性があります。
ゾビラックスの特徴として、最も安価なヘルペスの治療薬で、錠剤の他に軟膏でも主成分が使用されている塗り薬があります。
1日5回飲む必要がありますが、飲み忘れないよう注意が必要です。
バルトレックスの特徴として、近年主流になっているヘルペスの治療薬で、飲む回数が少ないのでとても使いやすく人気があります。
価格がやや高いので、ジェネリックを利用してみても良いでしょう。
口唇ヘルペスは痛みを伴ったり、水ぶくれになるので見た目も痛々しい印象を与えてしまい、女性の場合メイクの妨げにもなり、早い段階で治療するのがおすすめです。
即効性のあるゾビラックスやバルトレックスなどの飲み薬を利用して、気付いたら早めに治す方が良いでしょう。

●おすすめのバルトレックスはあんしん通販で買えます!
バルトレックスの通販はこちらのサイトへ

塗り薬ではメイクに困ったり、効果が薄いこともある

口唇ヘルペスになり、塗り薬を利用する場合、患部をなるべく避けてメイクを行うことになったり、塗り薬の上からメイクすると効果が薄いこともあります。
患部に口紅やリップクリームなどメイクをしてはいけないと言うことはなく、ヘルペスウィルスが仮にリップに付着しても、リップ上で生存することはできないので、患部にメイクすることは可能です。
紫外線や乾燥などによる唇へのダメージは、ヘルペスを再発するきっかけにもなるので、唇をリップクリームなどでケアすることは重要でしょう。
しかし、香料や着色料が使用されている口紅やグロスの場合、負担や刺激を唇に与えるデメリットがあるので控えた方が良いでしょう。
口唇ヘルペスのある唇は大変デリケートな状態になっているので、普段なら問題のない口紅でも悪化するケースもあります。
紅斑期や水疱期唇などが出ているなら、刺激が少ない薬用リップクリームが良いでしょう。
気をつけなければいけないのが、家族や友人などとリップクリームを共有することで、これは絶対にしてはいけません。
確かにリップクリームにはウィルスは生存しませんが、ウィルスが付着したすぐ後共有すると、他人にも感染する可能性があります。
患部にクリームが付着してもその患部には問題はないですが、リップクリームを介してウィルスが他の部位に付くと、新しいヘルペスを引き起こす可能性があります。
直接患部にリップが当たらないよう気をつけたり、使用した後はティッシュでリップを拭き取りましょう。
なるべく低刺激のものを使用する方が良く、美容液などが配合されたリップやグロスなどは刺激の強いものが入っていることが多いので、患部には保存料が入っていないナチュラルなものを使いましょう。
塗り薬を利用するとメイク上においてデメリットが多いので、飲み薬を利用する方が早く治すことができるでしょう。