ヘルペス以外の感染症:トリコモナス

トリコモナスは「トリコモナス原虫」と呼ばれている微生物が原因で、膣内に入り込み引き起こしすという膣炎です。
「原虫」と言われていますが虫ではなく、微生物の仲間になります。
0.01mm~0.025mmぐらいのサイズで、肉眼では確認することが不可能な小さな存在ですが、ウイルスと比べるとかなり大きいので、顕微鏡で見ると確認することができます。

トリコモナスの症状

主な症状として、オリモノが増加したり、悪臭のあるオリモノがあったり、黄色や黄緑色になった泡立ったオリモノが現れます。
性器のかゆみや不快感を覚えたり、性器が少し赤っぽくなったり、排尿する時に不快感や痛みを感じることがあるでしょう。
トリコモナスに感染した人のうち、5~6割の人にオリモノが多くなったという自覚があるそうです。
悪臭の原因が性病というのは他にもいくつかありますが、その中で最も疑われるものがトリコモナスでしょう。
独特の臭いがあり、オリモノが臭うような時はトリコモナスを疑った方が良いでしょう。
オリモノには独特なにおいあるだけでなく、黄色や黄緑色などの泡立ったものが分泌されることもあります。
男性もトリコモナスに感染することがあり、主な症状として尿道に感染することによって、尿道炎などを引き起こします。
ときどきですが炎症が尿道に進行すると、前立腺炎などに発展するケースもあるので注意が必要です。
主な症状として、尿道から分泌液が出たり、排尿時に痛みがあったり、尿道にかゆみや灼熱感、違和感を感じることがあります。
トリコモナスに感染し注意しなければいけないことは、女性の約50%以上、男性の90%以上が無症状ということです。
基本的に検査を受けない限り、自分が感染しているかどうか分かりません。
無症状なので知らないうちに、他の人にも感染を広げてしまうことがあります。

潜伏期間

潜伏期間は数日~1ヵ月と言われており、潜伏期間は個人差があります。
感染したとても膣炎を発症しない人も多く、症状が無いからといって感染していないとは限らないので、何年も気付かないで感染を放置している人もいて、不妊治療や妊娠の時の性病検査などによって、初めて自覚する人も多いです。

トリコモナスの治療薬:フラジールとは

トリコモナスの治療は「メトロニダゾール」という成分を使用し、主に「フラジール」と言う薬が治療薬として使われています。
国内ではトリコモナスの治療薬を薬局で購入することができず、処方箋が必要です。
フラジールは飲むタイプの薬と膣に入れる薬があり、国内のガイドラインでは飲み薬の方を推奨していますが、医師の中には膣錠の方を処方するケースが多くあります。
男性の場合はトリコモナスには飲み薬だけになります。
このトリコモナスは尿道や膀胱に感染することがあり、この場合は膣錠では効果が少ないので飲み薬になるでしょう。
治療する場合は、パートナーといっしょに治療を受ける必要があります。
女性だけ治療したとしても、パートナーから再度感染してしまうと効果がないので注意が必要です。

»»»フラジールの商品ページはこちら

フラジールの副作用

フラジールの副作用として、発疹が出たり、食欲不振になったり、吐き気を感じることがあります。
胃に不快感があったり、暗赤色の尿が出たり、末梢神経障害や 手足のしびれを感じる人もいるでしょう。
手足が痛んだり、灼熱感があったり、筋力が低下したり、筋萎縮があるかもしれません。
重大や重篤レベルの副作用として、中枢神経障害があります。
例えばけいれんしたり、意識障害が見られたりするケースがあるそうです。
重大や重篤な症状が伴う副作用は滅多にありませんが、服用をスタートした際はいろいろな症状に注意しましょう。
トリコモナスの感染力は強く、トイレや銭湯などでも感染することがあり、パートナーとの生活にも注意が必要です。
特徴として、オリモノがいつもと違うなと思ったら、一度検査を受けてみると良いでしょう。
検査する場合、他の感染症もいっしょにセットで検査を受けると安心です。