ヘルペス以外の感染症:クラミジア

性行為による感染症の中でも多いのが「クラミジア」です。
クラミジアに感染する例は10~30代にかけてと年齢層が広く、患部も性器だけでなく目やのどなど症状が広範囲にわたるケースも多く見られています。

クラミジアの感染原因

クラミジアに感染する原因は、クラミジア・トラコマチスと呼ばれる細菌です。
口内や尿道、膣内など性行為およびそれらに類する行動においての、粘膜の接触が原因で感染します。
感染した後は細胞内にクラミジアが侵入してしまうため、免疫がうまく作動せず症状が現れにくいのも特徴です。
症状があったとしても、ごくわずかなものであるためなかなか気付きにくい点も厄介です。

感染確率

クラミジアの感染率は非常に高く、感染者とコンドームをせずに性交渉をした場合感染率は50%を超えます。
避妊目的だけではなく、こういった感染症を防ぐためにも避妊具は必ず使用するようにしましょう。
さらに、一度クラミジアに感染したからといって耐性がついたり免疫ができることはありません。
感染中に一時的に抗体が作られるものの、治療が終わると同時になくなってしまうからです。

感染経路

感染経路は、人との接触のみです。
動物の細胞内でしか生存できず、プールやお風呂などの水中やタオルなどの布、便座などの間接的な接触で感染することはありません。
反対に言えば、性交渉だけでなく唾液の交換でも感染してしまうため、ディープキスによっても感染する可能性があるため注意が必要です。

クラミジアの主な症状

代表的な症状は、男性の場合は尿道のかゆみ・痛み、排尿後の違和感、精液に血が混じる、睾丸の痛みなどが挙げられます。
女性の場合は、性器周辺のかゆみやおりものが黄色・血液が混じる、性交渉時の痛みなどが挙げられます。
いずれも心当たりがある場合は、放置しても好転することはないのですぐに病院で検査を受けましょう。

この他、妊婦がクラミジアに感染している場合、生まれてくる赤ちゃんもクラミジアに感染しているケースもあります。
これを垂直感染・産道感染と呼びます。
新生児はもともと体力がないことに加えて、免疫機能もまだ十分に揃っていないので重症化して後遺症を残したり、生命の危機にさらされることとなります。
妊娠中でも治療は可能なので、必ず検査を受けるようにしましょう。

クラミジアの治療薬:ジスロマックやアジーとは

クラミジアの治療方法は、治療薬である抗生物質を利用したものが中心となります。
治療薬で体内に侵入して潜伏しているクラミジア・トラコマチスを死滅させる必要があり、感染箇所が性器・のどであれば抗生剤の服用、目の場合は専用の目薬や軟膏が処方されます。
クラミジアに用いられる治療薬は、大きく分けてマクロライド系・キノロン系・テトラライクリン系の3系統があります。
その中でもマクロライド系に属するジスロマックはクラミジア治療薬の中でも副作用が少なく、その上効果が高いため特効薬として広く利用されています。
ジスロマックを服用することにより、効果が1~2週間持続します。
この間に治る確率は90%を超えており、ほぼ確実に治癒されます。
また、副産物として性行為の前に飲むことでクラミジア予防をしてくれる効果もあります。
感染症は、細菌が細胞内に入り込んで増殖することによって症状が現れたり進行したりしますが、その際にタンパク質合成を行います。
ジスロマックはそのタンパク質合成を妨げることにより、細菌の成長や増殖を妨害します。
この殺菌・滅菌を行う働きを抗菌作用と呼びます。
ジスロマックは、感染症によって生じた炎症を和らげる「抗炎症作用」も持っており、痛みやかゆみを抑える働きもあります。
ジスロマックのジェネリック薬としてアジーも服用されています。
こちらも、ジスロマックと同じ効果がのぞめます。

ジスロマックやアジーの副作用

ジスロマック・アジー共に副作用はほとんどないとされていますが、ごくわずかな例として下痢・腹痛、吐き気などが報告されています。
しかし、全体の10%も満たない事例であり、その例も1~2日も経てばおさまっているため心配はいりません。
ジスロマック・アジーに限らず、マクロライド系の薬は下痢を起こしやすいという特徴を覚えておきましょう。

ジスロマックの詳細情報は外部サイトでも詳しく掲載されているので参考にしてみてください。
マクロライド系:ジスロマックについて